jump comic-D-

□違和感
1ページ/1ページ




「おはよ!小春ちゃん、一氏くん」

「おう、おはよ」
「なまえちゃん!おはよぉ〜、今日のその髪型かわええねぇ!よう似合てるわぁ」

「おーきに!小春ちゃんも今日もかわええで〜!」

「やーんありがと!あっ、そうや聞いてぇ〜!?」

「なになに?」

「……」



挨拶交わしたら後はすっかり蚊帳の外…っちゅーわけでもないんやけど
女子トーク始まるとネタ振られるまで待機、みたいなとこあるから大人しくそれを待っとる。
前、あんまりにも盛り上がって放置されたん我慢できんくて途中で割って入ったら結構ガチで小春にキレられてんな…俺とみょうじどっちが大事なんや小春…。

まぁ、確かにみょうじはええやつやで?
小春程ではないにしろ漫才も上手いことボケよるし、小春程ではないにしろ頭もええし、



「って言うんよ〜!ホンマ蔵リンかっこええと思わん!?」

「浮気か!死なすど!!」

「あはは!一氏くんも大変やなぁ、小春ちゃん面食いやから」

「嫌やわぁ、イケメン嫌いな女子なんておらんでしょ?」

「小春!俺もイケメンやで!!」

「せやねぇ、ユウくんもイケメンよ!ね、なまえちゃん!」

「小春ぅ〜〜!!」

「うん、一氏くんはかっこええと思うよ!しかも、オモロいときた」

「おー!分かっとるやないか!見る目あるやんけ!」



小春程ではないにしろセンスもええし、さすが小春の友達ちゅーとこやな。

それに最近 気付いたんやけど
テニス部の中やと、ボケ倒して流される発言もみょうじ相手やと小春が今みたいに素直に褒めてくれるんや…!
そこに関してはみょうじの存在にめちゃくちゃ感謝しとる。

しとるけど…あまりにも仲良すぎへんか?ハッ…!!


……ま、まさかライバルなんか!?



「お、お前!小春のことどう思てるねん!!」

「ん?」
「んもう、急にどしたんユウくん」

「ん〜…一氏くんは、小春ちゃんのどこが好きなん?」

「は!?そんなもん全部に決まっとるやろ!!」

「うちはな、小春ちゃん可愛ええし、頭もええし、何よりやっぱ一緒におって面白いやんか!うちはそういうのって、男とか女とか関係ないと思うねん」



俺の小春への愛は誰にも負けへんで!と言わんばかりに答えた俺に対して
みょうじの返答はなんやあっさりしたもんで拍子抜け。

…まぁ、別にその気がないんやったらええんや。



「ええと思うものはええやんか〜。それがたまたま男の子やったってだけの話で」





でも、その考え方は嫌いやないな、なんて





「アタシなまえちゃんのそういうとこ好きやわぁ〜!!」

「浮気か!!死なすど!!」

「おおきにおおきに〜!でもちょっと意外やなぁ…一氏くんて周りは気にせーへんねやろなーて思ってたから。好きやーって言うんも、やきもちも、小春ちゃんだけって感じで」

「も、もちろん小春一筋に決まっとるやんけ!!」





「うん、それでこそ一氏くんやわ」





そう言うて微笑んだみょうじと
小春以外のことを考えた自分に

ものすごい














それが何を意味すんのか気づいとるんは、今はまだ小春だけ。










JUMP COMIC


[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ