jump comic-D-

□乙女心が分かってへん!
1ページ/1ページ






2月14日、バレンタイン。





「けーんや!」

「おう、なんや?」





「チョコレート あげよか?」





気になっとる奴からそう言われて、
浮かれへんやつなんかおらんと 俺は思う。

まぁ表には出さへんけどな、カッコ悪いし。
とか考えながら、ごそごそと鞄を漁るなまえに向けて手のひらを出す。



「関西人として貰えるもんは貰うで!言うて どうせ義理やろ?」

「どっちやと思う?」



そんなこと言うてどうせ友チョコの余りとかそんなんやろ!て高を括っとった俺は
はい、と手に乗せられた箱が思ってたより全然凝っとって思考が一時停止。



「!?…ま、まさか…」

「…」

「い、いや!俺は騙されへんからな!!」

「えー?」

「俺の反応見て楽しんどるだけやろ!ニヤニヤしとんのがその証拠っちゅー話や!」

「あはは」



ほれ見ろ!笑ろとる!!
なんちゅう残酷なことしよるんやコイツ…!
思わせ振りなことしよってからに…!危うく騙されるとこやったわ!!

そう思いつつも、まだどっかで期待しとんのは
包まれたそれがあんまりにもキラキラ綺麗やからや。

白石がこんなんをいっぱい貰っとったんや、本命で。

手のひらに乗ったその箱を見いひんように目閉じて
これは義理なんや〜切り替えや自分〜〜て頭の中で唱える。



「謙也はどっちやったら嬉しい?」

「は?何がや」

「本命か義理か」

「何やねん。義理なんやろ?まぁ、貰えんねやったらどっちでも嬉しいっちゅー話で…」

「本音は?」

「…そら本命の方が嬉しいやろ。あ、別に誰が」

「じゃあ、本命」

「…はぁ!?」

「これ 本命」

「いや待てお前!『じゃあ』言うたやろ!じゃあて何やねん!」

「まあまあ、渡した人間がそう言うてんねんから、そういうことにしときーや」

「できるか!」



そこは死ぬほど重要なとこやろ!!ていう俺のツッコみは無視して帰り支度をするなまえに
何がしたいんやコイツは!と頭を抱える。
ちゅうかマジで言うてんのか!?全っ然分からへん!!



「じゃ、また明日な〜」

「おい!待て待て!無視すんなや!」



足早に扉へ向かい手を振るなまえに待ったをかけたら
口を尖らせて、拗ねたみたいな顔をする。
なんやねん、かわええやんけ。ってちゃうちゃう!!



「…だって、最初から本気で渡して相手にされへんかったら嫌やし?」



やっぱかわええ!!!
ってアホか!そんなん考えとる場合ちゃうわ!
え、これはマジってことやんな!?流石にここまで来て嘘とか言わんよな?!



「来月!お返しと返事楽しみにしてるから!じゃ!」







「好きや!!」







「……」

「な、なんやねんその顔!ここは喜ぶとこやろ!?」



本命や言うんが本気なんやて分かったら、俺もはよ言わな!思て言うたのに!
なんやけったいな顔されて照れよりツッコミのが先に立つ。
いや、なんやねんホンマに!両思いなんちゃうん!?



「…嬉しいけど、来月の楽しみなくなった」

「はぁ!?そんなん返事決まっとるんやったら早い方がええに決まっとるやろ!?」

「ちゃうねん!好きなんやろうなーって分かっとるけど 付き合ってない、ふわふわした感じをあと1ヶ月楽しもうと思ってたんやん!」

「いや意味分からへんわ!そんなん待ってられるかっちゅー話や!」










心が分かってへん!



と文句を言うなまえに「分かるか!そんなおかしなこと言うんお前くらいやわ!」と返して
ええから 俺と付き合うてくれ、と言う心の準備をする。










JUMP COMIC


[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ