jump comic-D-

□恋の次は
1ページ/1ページ






「なまえさ、好きなとこないの?」





好意は、十分に伝わってるはずで
分からないくらい鈍感でもないはずなのに、


何が?と言いたげな視線に自分を指差してにこりと笑ってみれば
なまえは飲み物を口にしながら…あぁ、と何か気づいたように視線だけを上にあげた。

ほら、分かってる。



それなのに、全然進展しそうにない空気に嫌気がさして
そんなことを口にしてみたけど、

結局返ってきた答えは





「……顔?」





って、その一言だけ。





「えー最低だなぁ」

「最低呼ばわりする方が最低だよ」

「だってもうわりと長い付き合いだっていうのに『顔』とか酷いよね」

「文句つけるわりに嬉しがるのやめて?」



そういうのも分かるくせに、と思いながらも
にこりとさせた顔は歪ませない。

だって嬉しくないわけないよ。
今までどこが良いなんて言われたことなかったんだから。
それが例え顔だとしても、自分の一部であることにかわりはないしね。



「他にないの?」

「他って…澄晴中身が」

「優しいでしょ?なまえには」

「…それ優しいっていうの?」

「酷いなぁ。普通何も思ってない奴に優しくなんてしないでしょ」

「その普通は知らない」

「…なまえってさ、」



「お前ら相変わらず仲良いな」



おれのことは結構冷たくあしらうよね、って笑顔で嫌味のひとつでも言ってやろうとしたところに邪魔が入る。
まぁ、顔には出さないけど。



「太刀川さんだー」
「……なに?課題?」

「おー、さすが。こないだのやつな、見せてくれ」

「せめて教えてくれ、って言えないの?また忍田さんに怒られるよ」

「結局写すんだから同じだろ」

「…そうだね。明日?」

「明日はダメだ。明後日」

「はいはい」


 
つい今まで、色恋沙汰の話をしてたのに
そんなおれの目の前で他の男と約束するって本当にひどい。
普通の女の子相手なら太刀川さんと付き合ってる?とでも聞きたくなるところだけど、なまえの性格ならそういう事ははっきり言うだろうから

だから、『諦める』って選択肢は選べない。



「じゃ当日連絡してくれ。忘れてるかもしれないからな」

「…はいはい」

「よし、対戦ブース行ってくる」

「……」
「……」

「何?」
 
「…なまえ、太刀川さんには甘いよね」

「ダメすぎて放っておくのも気が引けるだけ。忍田さんにも頼まれてるし」

「それだけ?」

「他の理由ならないけど?」

「ふーん」

「何、面白くなさそうな顔して」

「面白くないよ」



小さく笑うなまえをじとっと見れば、今度は微笑む。
なにその余裕そうな感じ。

同期で入隊して、歳は2つ違ったけど気にしないっていうから
タメ口で話すし 名前だって呼ぶけど
先に好きになったのはこっちだから、惚れた弱みっていうのかなー

歳の差を気にして、いつも笑顔で余裕あるように振る舞ってきたけど
いまひとつ、押しきれてなくて、ひとり焦ってる感じがする。

そんなことを思えば、笑顔なんて出てくるはずもなくて
拗ねたように視線をそらせば なまえがまた小さく笑った。



「…顔って言ったけど、そういう顔の方が好きかな」

「…なにそれ。詳しく」

「何、詳しくって…そのままじゃない?」

「理由あるでしょ」

「…本性っぽいから?」

「なにそれ」

「余裕ない方が年相応で可愛いってこと」

「…そう言われても嬉しくないなー」

「…そういうことにしといてあげる」



不機嫌な顔をしてみても、やっぱり見抜かれてる。
だって嬉しくないわけないよ。
やっと攻略法が見えたんだから。

でも、今まで余裕ぶってたのも分かってたんだとしたら
もっと早く教えてよ、と思わずにもいられない。



「なまえって意地悪なんだ」

「今更気付いた?」

「恋は盲目だからねー」

「じゃあ恋は終わったわけだ」

「次は何になると思う?」

「さぁ、知らない」



いつものおれがするみたいにニコニコしながら、おれの問いかけを受け流して席を立つ。
そこは『何になるの?』って聞いてくれないとさ、先に進めないんだけど。



「ね、」

「卒業したら聞いてあげる。考えるのはそれから」

「…歳とか気にしないんじゃなかったの?」

「友達や仲間なら構わないけど…さすがに高校生相手は犯罪でしょ」

「えー、おれそんなに子供っぽい?」



たまにね、と答えたなまえの表情を見て複雑だなぁ、と思う。

子供みたいに拗ねて嫉妬する年下のおれの方が良いっていうのに
高校生だからダメとか、意地悪すぎるよ。



「…ねぇ、明後日おれも混ぜてよ」

「いいよ。どうせ太刀川相手じゃ何時からになるのか分からないし」

「太刀川さんらしいねー。でもおれ防衛任務あるからそれまでに来てくれないと困るなー」

「澄晴が困るんだ」

「うん。なまえはおれのってアピールしようと思ってるから」

「何それ」

「なまえそういうの好きみたいだし。あと、卒業までの間に逃げられないよう周りから固めてこうかと思って」

「…やっぱり性格、」

「コレ込みで愛してもらうつもりだから、よろしくね」

「…まー、頑張るのは自由なんじゃない?」



仕方ないような、呆れたような、そんな表情で
また意地悪な言い方をするなまえとおれは

少しだけどこか似ていて








次は



そんな意地悪も 『愛』しい かな、なんてね。







JUMP COMIC





[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ