ハロプロ短編小説

□これ以上 嫌われたくないの
1ページ/3ページ




舞美ちゃんを好きになったのは最近だった。


女の子なのはわかってる。




「舞美ちゃ〜ん!」

「もうなに〜?」



最近私は舞美ちゃんにしつこく甘えてばかりいる。


舞美ちゃんは優しいから何もいわないけど、あきらかに鬱陶しがられてる。



そりゃあ毎日毎日抱きついたら嫌がるよね?



でも、やっぱり我慢しなきゃいけないのかな?



でも、これ以上近づいたら.....
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ