ハロプロ短編小説

□バレンタイン
1ページ/5ページ




二月十四日は非常に失礼な一日である。もてない奴に。

しかも最近は友チョコなど不必要な風流が出来始めて、男子にあげる量が明らかに減っている(ような気がする)。

そんなろくでなしの俺達にだってチョコ一個くらいくれたっていいじゃないか!


「よっす!」


突然頭を叩かれる。幼馴染の梨沙子だ。


「やあ、チョコの収穫はどうだい?」

「お前わかってて言ってるだろ」

「へへっ!」


笑いながら袋にあるチョコを机に置く梨沙子。恐らくその袋の中は友チョコだけではなさそうだ......


「君って本当に相変わらずだね。いっつも貰えなくて机にベタ〜って貼り付いて落ち込んでる」

「うるせ〜」

「かわいそうに。誰かこの人にチョコを恵んであげてください!」


ニヤニヤしながらいいやがる。
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ