アルラン

□My=Arm
1ページ/2ページ

その光景を確認した時、何故彼を好きになったんだろうと思った。

彼に何の感情も抱いてなければとても綺麗で、お似合いだと思えたのに。

…いや、どの感情を抱いていても多分そう思うだろう。

綺麗だと、お似合いだと思ったから私は逃げたんだ。

私を名を呼ぶ彼の声がした気がしたけど、構わず走る。

足元をちゃんと見ていなかったため、私は転んで階段から落ちてしまった








しばらく膝を抱えていると、銃声や悲鳴に混じって足音が聞こえてきた。


「ランカ!!」


愛しい人の声だった。

迎えにきてくれたの?

あれは誤解だと言いにきてくれたの?

差し延べられた手を掴もうとする。




「ランカ、歌ってくれ。」




手が止まる。

目の前が陰る。

彼は今何を言ったの?

差し延べたその手は








闘うための道具を起動させるための…。















My=Arm

(きっと、貴方は無意識にそう思っているのでしょう)
次へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ