番外編&短編

□事故
1ページ/2ページ

 あぁ〜寒い。スカート生足でチャリは、きついな。

そんな事を、考えながら走行していた。

チャリ盗まれなかったか?と疑問に思うかもしれないが今、乗っているチャリは家に使ってないのがあったから勝手に引っ張り出してきたものだ。

横断歩道がちょうど青だったからそのまま渡っていたら、視界の端から右折している車が視界に入ってきた。

その瞬間・・・・・・車にぶつけられた。

「・・・・・」

頭が真っ白になった。

後ろから来た車の人に声をかけられるまで、驚いて、言葉が出なかった。

「大丈夫か?ケガしてない?」

「えっあ、大丈夫ですぅ?」

ぶつかった車の人を見たら、呆然とした顔をしていた。

それから、はっという顔をして出てきた。

「すいません。大丈夫?」

心配そうな顔をしてでてきた。

けど、私が一番気になったのは、手の甲にファンデーションがついてるし、顔に不自然に塗ってある。

絶対、化粧しながら運転してたな。このおばさん!!

それから、二時間ほどいろいろあって、学校に行った。
本当は、行きたくなかったが、ケガしても笑ってたら親に無理矢理行かされた。

よかったぁ〜テストじゃなく。
次へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ