番外編&短編

□人間やれば出来るんじゃね?
1ページ/1ページ

「オミなら出来るって」

「そうだ、明臣なら余裕だって」

「ちょっふざけんな、無理に決まってるじゃん」

「最初から諦めるとか最悪」

「そうだよ、明臣最悪だよ。」

「蓮、その笑顔がうざぁ〜い」

「はは、明臣死ね。」

「ひど!!」

「オミなら出来るって、大丈夫。ひょいって出来る」

「そうだよぉ〜二回転くらい軽く出来るって」

「馬鹿。バク転だぞ?駄目だって着地失敗して手首ボッキリだぞ。」

「だって紅は出来たよ。ちょー簡単そうにやったよ。」

「そうそう、余裕って言いながら!バク宙六回転ぐらいやってたから」

「いや、嘘だろ!!つーか次元が違うだろ!!」

「うん、嘘!!」

「キッパリみとめるなぁ〜ってーかそもそも何でバク転?俺と人妻キラーは色々ちがうの」

「いや、そんなにも変わらないから上か下かの違いだから。」

「めちゃくちゃ違うわ。つーか、蓮がやればいいじゃん!!」

「はぁ、なに言ちゃってるの、俺がするわけないでしょ。」

「最悪だな!!」

「はっむしろ褒め言葉!!」

「うわぁー駄目だこの人、腹の中真っ黒だから悪口言ってもきかねぇ〜」

「話変わってるから、バカども。」

「そーだよ、朔夜が変なこと言い始めるからこんな事になったんだよ!!」

「なんか、逆ギレされたし。」

「はは、なんでこんなこと言い始めたんだっけ、サク?」

「えぇ〜紅とオミなら中身はともかく外見はジャ●ーズ余裕で入れそうじゃん、とりあえずバク転できるようにさせようと思って」

「いや、中身はともかくってなんだよ?」

「あれ、俺は?」

「蓮は絶対、バク転とかバク宙とかしないじゃん。」

「うん。」

「キッパリ言うねぇ〜」

「で、入れさせてなにすんだよ。」

「芸能人と友達なんだぁ〜と言う私の自慢話完成ー」

「はは、最高だねサク」

「最悪」






あとがき
紅は、デート中で居ません。
キャラ崩壊!!



お気に召したら
を押して下さい。

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ