番外編&短編

□あの頃は若かった。
1ページ/6ページ

まどろみの中、私は目覚めた。

寝起き特有のボーっとする感覚が抜けない。
何だろう、すごく懐かしい感じのする夢を見たような感じがする。

思い出したいのに思い出せない・・・

あーすごくモヤモヤする。

フッと、机に飾ってある写真が目に入った。

胸のモヤモヤがスーッと消えていくのが分かった。

「あぁ〜本当に懐かしい夢を見ていたみたいだなぁ〜。あれは、泪と会う前だがら小学生くらいか・・・」

夢で見たのは、小学生と言っても低学年ぐらいだと思った。

暇だからアルバムを引っ張り出しながら昔を思い出してみよう、なんて年寄りくさいことを思ってみる。

「えぇ〜と、合った、合った。」

懐かしい、まだ幼馴染2人と従兄弟が異常者と一般人の狭間の頃だったような気がする。

紅は、まだ髪を染めていないなぁ〜なんて事を考え、含み笑いをしながら次のページをめくる。

「あれ?この写真なんで・・・殴り合ってんの?」

写真の中の私たちは、着物姿で何故か知らんが、ハリセンで叩き合っていたり、お茶かなんだか知らないが何かを掛け合っている写真だった。

「この写真は、どんな状況なんだよ・・・」

私は、顔を引きつらせながら思い出そうと考えていた。

・・・・あっ思い出した!!

確かこれは、お正月の縁日帰りにウチの庭で撮ったいや、撮られた写真だ。
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ