心霊探偵 八雲

□平均寿命
1ページ/1ページ

会話文だけ
恋人設定

「ねぇ〜八雲君?」

「・・・・何だ。」

「何、その間はとその目はどうせくだらない事を考えたな的な目は!」

「ほぉ、少しは鋭くなったな。」

「失礼ね!それじゃあ、私が鈍いみたいじゃない!!」

「みたいじゃくて、事実だ。で、なんの話をしようとしたんだ。」

「えっ?あぁ、さっきの話ね。えっとね、八雲君が死んだら私の背後霊になってくれないかなって。」

「・・・・聞いて良いか?」

「なぁに?」

「何故、僕が先に死ぬ話になっているんだ。」

「えっだって、平均寿命的に考えれば、私の方が長生きでしょ?」

「それもそうだが、最後の方の意味わからない。もし、僕が君の背後霊になっても君は見れないだろう。」

「そうだけど、言っとけば八雲君が背後で守ってくれてる気になるじゃない?」

「っ!!君は、本当にバカだ。」

「ふふ、八雲君にそんな顔させられたら、十分な収穫だね。」

「・・・うるさい!!」

「あぁ、八雲君、そっぽ向かないでよぉ〜」

「知らない。」

(ふふ、珍しく八雲君に勝っちゃた。それと、耳が真っ赤になってることは、かわいいから教えてあげなぁ〜い。)



あとがき
数分後には、八雲が復活して仕返しされます。
晴香がキャラ崩壊してるかな?
お粗末さまでした。

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ