心霊探偵 八雲

□アニメ記念!!
1ページ/3ページ

「八雲君!!ついに心霊探偵 八雲がアニメが放送だよ。」

「うるさい。そんな事は、言われずとも分かっている。それと、君はセリフを全部覚えたのか?」

「えっ台本ってもう配られたっけ?」

「はぁ〜本当に君はバカだ。一昨日に配られただろう?」

「うっそうでした。そっそいう八雲君は、セリフ全部覚えられたの?」

「はぁ〜君と違って僕は本番の二日前に読めば全部覚えられる。それより、ささっと台本を取りに行ってはどうだ?」

「むぅー本当に皮肉ばっかり、アニメではそれが際立つんじゃないの?」

晴香は、小声で言った。

「何か、言ったか?」

「いえ、何でないでぇ〜す。台本取り入ってきまぁ〜す。」

「語尾をのばすなバカなのが余計バカに見えるぞ。」

「もぉ〜本当に失礼なんだから!!」

そう言って晴香は、台本を取りに言った。
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ