dream

□生徒会長×風紀委員長
1ページ/2ページ


夏休み某日。


「何してるの?」


私が汗だくになりながら、生徒会室で仕事をしていると恐れ多き、風紀委員長が声をかけてきた。


『あっ、体育祭のスローガンの垂れ幕を作ってるんですよ。夏休み終わったら、すぐ体育祭があるので。あっ、そこ、もうちょっとコッチ』



私は一応、並盛の生徒会長で役員みんなに指示をする。


「へぇ」


雲雀くんも一応、役員なんだけどな。と思っていたら私専用の椅子に座った。


『何してるんですか?』

「僕が指示してあげるよ。校内は見回り終わったし」


いつも思うが、何故に雲雀くんは生徒会長の私より偉そうなのか。


『ここは間に合ってるんで大丈夫ですよ。雲雀くんは仕事沢山あるだろうし』


確かに雲雀くんには沢山の仕事を任せっきりである。


「…………」


すると、雲雀くんはすっごく不機嫌そうな顔をした。
そんな顔されても困るんだけどな。


「僕が手伝うって言ってるんだよ?それを断るなんて…」

『いや、雲雀くんにはいろい…!!!』


どうにか機嫌を直してもらおうと言い訳をしようとした時、雲雀くんに腕を掴まれた。



.
次へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ