short1

□おれのシルシ
1ページ/1ページ






………情事後、朝。

アクアリウムバーにて。





重い身体を起こし、ルフィはベストを羽織った。

と、

「あぁぁっ!!サンジ!」


「なんだよ……でけェ声出すな……皆起きちまうだろォが!」



ガンッとサンジはルフィの頭を殴る。



「っどーすんだよ!これとかこれとかこれとかこれとかッ!!」




ルフィが指差すのは、紅い跡。



「いーじゃねェか、見せびらかす位の勢いで……「バカ言ってんじゃねェ!」



今度は、ルフィのパンチがサンジの頭にヒットする。


「……なんだよ…昨日、キスマークつけていいかって聞いたら、何度も頷いてただろ」

「ちげェよ!キスマー…クの話なんて聞いてないもん!……サンジがなかなか、イカせてくれねェから、おれ切羽詰まってて…」



ルフィの言葉は恥ずかしさからか、徐々に小さくなっていく。




「そりゃ、つけちゃヤだ…って言ってる訳じゃねェけど……位置を考えて欲しいんだ、おれは!!」



サンジのつけた場所は、鎖骨や首筋、ふくらはぎ、腕……衣服を身に付けても丸分かりだ。
(もちろん、服に隠れる部分にもたくさん……「言わなくていい!」byルフィ)




「ほう……つまり、ルフィくんは、もっと際どい所にいっぱいつけて欲しい訳だな……?」



サンジの瞳が、欲情を湛えてルフィを見た。

嫌な予感がしたルフィは慌てて弁解しようとする。




「その、際どい所…っていうのがよくわかんねェけど……たぶん、サンジが考えてるような…変な事を、おれは望んでないぞ…?」



サンジの隣に座り、上目遣いに恋人を見る。



「…変な事って……?」


ヤバイ、そう思った時にはもう遅くルフィは、昨夜の様にサンジに押し倒されていた。


「こっこういう、えっちな事だよ!!」




ルフィは羞恥に顔を赤く染める。




「…よく言えました………じゃ、『際どい所』を手取り足取り腰取り教えてやるよ……?」


「いらん!!!」




ルフィの声が聞こえているのかいないのか(あるいは聞こえない振りか)、サンジはルフィの下肢に手を伸ばすのだった。




End...
 

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ