ヒトミぐるり

□graduación
1ページ/24ページ

「ゆみこさん」

「あ〜、お疲れさま」

「今日も、ナイトが2人、お待ちかねですよ」

「え〜。また?」

「(ふふ)お似合いですよ。姫」

「ちょっとぉ」

困っているゆみこさんは、とても可愛い♪

上級生で、素敵な男役さんに『かわいい』は、いかがなものか…って思うけど。

だって、可愛いんだもの。仕方がない。特に、今回の役は…。

「ねえ、なっちゃん。先に行って『ゆみこさんは用事がある』って言ってくれない?」

「やですよ。嘘は」

その時、ゆみこさんの携帯が鳴った。

ちらと発信元を見たゆみこさんがつぶやく。

「嘘…じゃないかもしれない」
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ