『瞳…』

□扉
1ページ/4ページ

まだ、あまり見慣れていない天井が、ぼんやりと、視界に入った。

…ワタさんち…か…

視線を横にむけると、この部屋の主が、小さな寝息をたてている。

…こうやって見ると、普通にきれいなお姉さんなんだけどなあ…





顔、洗お…





ひどい顔…
また、泣いたね、トウコ。

自分で自分の名前を呼んだことに、ちょっと可笑しくなる。

かつて、この名前をいちばんたくさん呼んでくれた人は、

もう、私の傍に…いないのだから。





鏡のなかの私の顔が、ぼやけた。
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ