『瞳…』

□ひとつだけ
1ページ/12ページ

「ワタさんの…、家に…、呼ばれた…」

ロッカールームの隅で私を待っていたトウコが、独り言のように言う。

「お稽古の…あと」
「そう…」

「ケロ〜、どうしよう…」

トウコは不安そうに私を見上げた。

「…どうしよう…、って、もう、返事しちゃったんでしょ?」

「…いい…の…?」
「…何…が…?」

「その…アタシが…、ワタさん…と…」

喉の奥がひりひりしたが、私は、笑顔を作った。

「行ってみないとわからないでしょ?」

「そうだけ…ど…」



「なんか…ね…」

トウコは着ていたシャツのボタンをひとつはずした。

「この辺が…」

左側の鎖骨の下にふれる。

「ざわざわ…するの…」
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ