『瞳…』

□記憶
1ページ/8ページ

「あー、ケロちゃん。来てくれたのお…」
「お久しぶりです」
「ほーんと。なかなか会えないわねえ」
「すみません。ごぶさたして」
「あなた、今度卒業するんだって?」
「はい」
「早いわねえ…」

楽屋着のユキさんは、艶っぽい声で、変わらず、いや、ますます美しい。

その人が京都で公演中と知って、いてもたってもいられず、チケットを買ったのは…。

「トウコのことでしょ?」
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ