『瞳…』

□疑惑
1ページ/6ページ

パンッ!!

小さな乾いた音が、ロッカールームに響いた。

え…?
今、何が起こったん?

昨日から、家にも戻らず、携帯にも出ないトウコが心配で、ロクに眠れなかった私の前に、2人が現れた。

「あ、ケロ〜、おはよう。じゃあ、トウコちゃん、またあとで」

ワタルさんが肩に置いた手を…

…トウコが払いのけ…た?

「トウコ、今、何したん?」
「…え?」

きょとん、とした表情。

ワタルさんといえば、払われた手を握り、それを茫然と見ている。



…まさか……。

「すみません、ワタルさん。先に行っててもらえませんか」
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ