『瞳…』

□二の腕
1ページ/8ページ

…私だって不安だった…。

当時の制度で、新・専科から、落下傘で舞い降りた未知の島…、いや、星☆。

しかも相手役は同じく専科組の、ダン姫。

その怖さは、もとCOSMOS組の女帝と…うーん、どっちが怖いか…自粛。

ということで、私は、少しでも早く、☆組になじみたくて、稽古後の教室に向かった。

誰かいるかなあ…。

…いた♪

こじんまりと(こじんまり、言うなあ)、ちょこんと(「ちょこん」、言うなあ)
ベンチに座った人影。

「…トウコ…ちゃん?」

「あっ、ワタルさん、お疲れ様さまですっ!!」

はじかれたように、立ち上がる、下級生レスポンス。でも…。

「どしたの?トウコちゃん…」

「いえっ。何でもありませんっ」

何でもないことないでしょ?そのわかりやすい泣き腫らし顔は?
ここは、ちょっとトップらしく(やらしいなあ、ワタシ)。

「何か困ったことがあったら、言っていいのよ…」

小さい(小さいってゆうなあ)人影は、

「いえ、何も。大丈夫ですっ」

と言い張る。

ええと、何か言わなくちゃ…

と思いながら私の手は、彼女の、二の腕をつかんでいた。

…細い…。
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ