『瞳…』

□ポスター
1ページ/2ページ

…今日は…少し暑い。

私はいつものジャケットに、中は少し薄めのキャミをあわせて(キャミだよ、それってどうよ)事務所を出ようとした。

その瞬間(とき)…

何か吸い込まれそうな…

瞳が…

私をとらえた。

…誰?

ラフ案段階の縮小版ポスター。

でも、見覚えがある…

「あー、化けたねえ♪トウコ」

今は同僚ともいえる、コム君が通りかかる。

「きれいだよねえ(わたしの方が、もっときれい〜♪というのは置いといて)…。
トウコ。ラッキーかも。いや、実力だね」

「うん。そうだよね」

…そうだよね。

コム君(いや、『クン』はいかんか?」)が去ったあと、周囲に人がいないのを確かめて(何故確かめる?)、私はもう一度、そのポスターを見つめた。

…トウコ…。

何度、その名を呼んだか……。

まっすぐ私を見る瞳に…。

fin
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ