poem2

□無常
1ページ/1ページ



変わらないもの 探していた
だから僕は 少し臆病になっていたのかもしれない

悲しいなんて 言ってられない
寂しいなんて 言ってられない

僕が行かないから 君は他の人を好きになってしまうのなら
僕は頑張って 君に心を送るよ

「好きだ」という言葉に
今までの全てを込めて…


─ある日僕は、一人の女の子に出会いました。─


きっかけなんて くだらないものかも知れない
言葉に出した愛も くだらないものと言えるかもしれない

けれど僕は諦めない
決して弱音ははかないよ
だから君に届いてほしい
どんなにくだらなくても 認められたい
そう思ったんだ


─「私……も。。」─


そう言う君と 恋に落ちました
それはやがて 愛になり

ずっと一緒だという “誓い”に辿り着きました

.

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ