poem2

□皆の恋。少女の恋。
1ページ/1ページ



ある時 ある所に
大きな箱が落ちていました

赤い箱でした
いいえ 黒い箱でした

ある少女はその箱を開けてみました
中には何もありません

けれど少女は夢を見ました

それはとても幸せな恋の夢
いいえ とても悲しい恋の夢

少女は悲しくて
自分が寝ていることにも気づかずに泣きました
いいえ 笑いました

どのくらいの月日が流れたでしょう
ある時 ある所に
今度は少年がいました

同じように 大きな箱を見つけました

赤い箱でした
いいえ 黒い箱でした

ある少年はその箱を開けてみました
中には何もありません

そして夢も見ませんでした

その代わりに
目を閉じた少女を見つけました

少年は 泣いたり笑ったり
声も聞いたことのない少女に恋をしました

そして彼の声と共に
少女は夢から覚めました

次に少女が見る夢は
幸せか はたまた不幸か……
それは誰にも分かりません

ただ、
今の少女の顔には ありったけの笑みがありました

.

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ