poem2

□失恋
1ページ/1ページ



あなたが遠い

まだまだずっと先


ねぇ気付いて
知っていてほしいの

私のこの気持ちを


早く… 早くしないと
もう終わりが来てしまう


一番にあなたが好きだよ
言葉が足りなくて ごめんね


ただ伝えたかっただけ
そう思ってた


放課後のある場所
とても静かで 時々葉の擦れる音がする


そこにボソッと
「好きです。」
愛の告白


少し曇りの 夕暮れ時


自分の心臓の音だけが
自分の中で こだまする





冬が 終わりました──

.

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ