灰色ノ夢


此処は
D.Gray-Manの
夢になっております。





僕は進む。

どんなに辛くても、
どんなに苦しくても、
どんなに哀しくても、

これは、
他でもない僕自身が
望んだ道なのだから。

これは、
他でもない僕自身が
選んだ道なのだから。


だけど、
ただ、ただ一つだけ、
願ってもいいのかな?

僕は君に、
僕と共に歩いて欲しい。

ねぇ、僕のお姫様、
どうかこの手を取って。


僕のところに、
来てくれたら、嬉しいな。

表紙を開く

解説を読む

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ