□手紙お手紙
1ページ/4ページ




朝、いつものように下駄箱で靴を履きかえようとして手が止まった。


上履きの上に可愛い封筒が置かれている。


下駄箱を確認してみたけど私の下駄箱に違いない。


ま、…さかラ、ラブレター!?

……じゃない気がする
根拠はないけど違う気がする。

イタズラかな?
そう思いながら封筒をカバンに入れて教室に入った。



昼休み
そっとカバンから取り出した封筒をポケットに忍ばせ、人気のない場所を探してウロウロ。


やっと見つけたその場所でポケットから出した封筒を見つめる。


ファンシーなクマがピクニックにいく様子が描かれた封筒は、男の子より女の子が使いそうな封筒。


イタズラの線が濃くなったのを感じながら、手紙の付属品であろうランチボックスがプリントしてあるシールでされた封を剥がす。


中には手紙が一枚。

色んな意味でドキドキしながら手紙を開いた。


明日の日にちと時間と場所が書いてあって

それ以外は

【絶対来てね
じゃないと殺しちゃうぞ。

           神威】


………脅迫状!?

これ脅迫状だよね!?

来ないと殺すって、脅迫状以外の何物でもないよね!?


私 脅迫状送られるようなことした?
この神威って人に。


知らないうちに誰かの恨みをかっていたとは思わなかった。


神威………私の知り合いに該当する人はいない。

名前からするに男性かな。


でもどうしよう
本音は怖いし行きたくない、なんだけど
行かないと何をされるか…。


私は頭を振った。

行って何かをされると決まったわけじゃない。


もしかしたら、この前 拾って交番に届けたIC乗車券(Suicaみたいなの)の持ち主かもしれない。

その場合、こんな回りくどいことしないか……。

それに脅迫状に似せたイタズラの線が消えたわけじゃないし……。


‐‐‐


昨日と今日悩んだ。

悩んだ末 行くことにした。


もし私が何かしていたなら謝ろう

謝罪で済むなら警察いらない
という言葉があるけど、とにかく謝ろう。



放課後になってしまった。


家には帰らず、そのまま指定された空き地に向かう。


何かあったときのことを考えて手紙をもらったとこから、今日 会いに行く、ということを詳細に書いた手紙を机の引き出しに入れてきた。


空き地に着いたのに誰もいない。


待ち合わせ時間になっても誰も来ない、
さらに待ち合わせ時間から二分過ぎた。


誰もこない、やっぱりイタズラだったんだ。


かなり気楽になって、あと五分待って誰もこなかったら帰ることにした。


結局五分たっても誰も来ず 足取り軽く帰った。

 
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ