□冥姫 第四十八話
1ページ/6ページ




宮中の口から飛び出した言葉に、あの場にいた全員が驚愕して動揺して絶句した。


今も想う、想い人がいる。


その言葉が頭の中にへばりついて離れない。


それは寝ているときにも当てはまり、眠りは以前より浅くなった。


さらに、このまま手を拱(こまね)いているだけでいいのか?
という焦燥感に駆られるも、俺が入院していた時 見た あの日の表情がアクションを起こそうとする俺を止める。

小さな表情の変化の中に驚き、戸惑い、困惑だけを押し込めたあの日の表情が。


だから焦燥感だけが増していく。


それに苦しい、理由は分かり切っているが解決策が分からねェ。

苦しみは降り積もり、苦痛だけが増していく。



降り積もる日々が続く内 宮中を視界に入れるだけで苦痛になっていった。


紅いバラの花言葉は
死ぬほど恋こがれています、だったよな。


なんで略奪愛なんて言葉が存在してるのか分かるぜ。

今の俺と同じ心境の奴がいたからだろ。

だがあの日見た表情が俺を止める。


堂堂巡りとはこのことだ。



「最近 機嫌が悪いみたいですけど何かあったんですか」


部屋に来た宮中に言われてイラついていることに気付いた。


「なんでもねえよ」


視界に入れたくなくて目を逸らす。


「なんでもないなら―――」

「うるせえ!!
元はと言えばお前が!」


お前が…想い人がいるなんて言うから……!


……思わず怒鳴っちまった、

反射的に宮中を見た。

急に怒鳴られたせいで驚いた表情が困惑に染まっていく。


「私…土方さんを怒らせることをしてたんですね、すみませんでした。
本来なら自分で気付くべきなんでしょう
でも自分では気付けませんでした
ですから教えてください」


そらそうだろう、宮中は何も悪いことはしていない、ただ好きな奴がいるだけで どう考えても俺の八つ当りだ。


宮中を見た
視線を逸らさず見つめる。


こんなに堂堂巡りでイラつくのはそれだけお前に惚れてるから。

それを理由にして本人に八つ当りか
俺も焼きが回ったな。


「悪い、今のは言葉のあやで怒鳴ったのは八つ当りだ、お前が謝ることはない」

「本当ですか」


疑ってきた。


「お前に嘘を言ってどうする」


宮中が俺の眼をジッと見つめてきた
もう視線を逸らすのはやめだ

でないとお前が見えない。


「宮中」

「はい」

「茶が飲みたい、淹れてきてくれるか」


自分でも空気が変わったのが分かる。


「淹れてきます」


微笑んで部屋を出ていく宮中を見送る。


俺はあいつを傷つけたくない

だから焦燥感も苦痛もイラつきもいらねェ。

略奪愛は保留。

 
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ