長い夢

□冥姫 第十二話
1ページ/6ページ




屯所に伝説のハンター
星海(うみ)坊主さんが来た。


星海坊主さんとは
いわゆるエイリアンバスターで
危険極まりない生物を駆除する宇宙の掃除人の中でも最強と称されている人物である。


なぜそんな人が屯所に来ているかというと
寄生型エイリアンが江戸に逃げ込んだと、忠告しにきたのだ。



少しして近藤さんの声がスピーカーから屯所内に響いてきた。


「江戸に寄生型エイリアンが侵入した

寄生型エイリアンは人や動物なんにでも寄生する
知能は低いが食料のためにはなんでも狩る危険な奴だ!

寄生された奴を見つけるのは顔を見るのが早い

パンダだ!
寄生された奴の目の周りにはクマのような黒いあざがでる!

いいか皆、パンダだ!
パンダを探せ!!」


……勘…とでも言うべきだろうか?

それとも実際に相手にしたことがあるからだろうか

とんでもないことがおきそうな予感がする。


エイリアンではないが
以前 寄生型の異形と戦ったことがある、倒すのに苦労した。


とにかく厄介なのだ


寄生型は厄介極まりないのだ。


しかも食欲型は……食欲を満たすためなら無差別に危害を加える。


「被害が出る前になんとしてでも見つけ出せ

パンダだ、パンダダじゃないぞ
パンダだ
今の“だ”は そーゆう“だ”じゃなくて…」


いや、分かりますから

そーいう説明されると逆に余計な混乱しますよ?



テレビに映ってたという沖田さんの報告でエイリアンが銀行にいることが分かったので現場に急行した。


そういや土方さんはどこにいるんだろう?

近藤さんは土方さんが竹内さんが どーとか言うのを聞いたらしいが

竹内さんって誰?



現場に到着した私たちは銀行を完全に包囲し

沖田さんがエイリアンに拡声器で呼びかける。


「エイリアンお前は完全に包囲されている
無駄な抵抗はやめて おとなしく出てきなさい」

「近藤さんが知能低いって言ってましたよね
説得は通じるんですか」

「何事もやってみねェと分かんねえだろ」

「それはそうですけど」


効果のほどは無いと思うなぁ。


私の疑問を他所に説得は続く。


「故郷のお母さんも泣いてるぞ
そんなエイリアンにするために産んだんじゃないって」


お母さん?

細胞分裂したとしても…
お母さん?


「エイリアンだろうが人間だろうが母ちゃん泣かす奴は最低だ

ねェお母さん なんか言ってやって」

「え、お母さん来てんの!?」


山崎さんは驚きながらパトカーを見た。


パトカーの中から
オカアサン…

怪獣のキグルミを来た近藤さんが出てきた。


「………」


近藤さんが悪ふざけの産物を着ていたときのことが脳裏に蘇(よみがえ)る。


「お母さん もう知らないから
お母さん三年前から息子はいないものだと思って…」

 
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ