tennis

□すでにベタ惚れ
1ページ/1ページ


このせまっ苦しい電車の中で、最近の俺には密かな楽しみがある。



朝練のために乗った少し早めの電車。目についたのは氷帝の制服を着た女子。

なんで氷帝のやつがこんなとこから通ってんだ?

最初はそれくらいの認識。
でも、なんかわかんねーけど無性に気になってしょうがなくて、いつからだったかソイツを探すようになってた。

ああ、好きなんだなって思った。
名前も知らないソイツを。
もしかしたらこれを一目惚れっていうのかも、なんて。



「…?」


なんだ?アイツ、顔赤くねぇか?
っ、もしかして痴漢か…!?

車内にタイミング良く流れた駅のアナウンス。
俺は人を掻き分けるようにソイツの元へ行き、グイッと手首を無理やり掴むと、せまっ苦しい電車から飛び出した。


「あんた大丈夫か!?」


人の流れを無視して立ち止まると、ソイツに向けて訊く。


「へ?あ、えっと…何がですか…?」


うわ、声かわい!…じゃねぇし!んなこと思ってる場合かよ!って…


「え?あんた、その…痴漢にあってたんじゃ、ねぇの…?」


「ち…!?あってないです!そんな全然!あったこともないです!」


顔を真っ赤にして否定するソイツは到底ウソをついてるようには見えなかった。

全然…?
あってない?
痴漢に…?
つまり、それは…。

一気に全身の温度が上がっていくのを感じた。

そう、つまりは俺の勘違いだったらしい。

すっげー恥ずい!
マジで俺、今なら恥ずかしすぎて死ねる!


「わ、わりぃ!なんか顔が赤かったみてぇだったからつい、早とちりしちまった」


つーか、もう顔みれねぇわ。


「あー、変なとこで降ろしちまって悪かった。そ、それじゃ…」


「待ってください!」


「へ?」


「あの、えっと…学校ももう間に合わないし…その、よかったら一緒にサボりませんかっ?」


これって幻聴…?
もしそうなら俺、相当やべーよな。


「ダ、ダメならいいんです!すみません!変なこと言って」


でも、まっすぐに俺をみるその真っ赤な顔が幻なんて思えなくて。
走り去ろうとしたソイツの手首を急いでさっきみたいに掴む。


「あのさっ……ゲーセンとか好き?」


「は、はいっ!」


「よし!じゃ、けってー!」


さっきまで恥ずかしくて死にそうだったのがウソみたいに、今は嬉しくて死にそうで。
嬉しさのまま笑えば、ソイツも嬉しそうに笑うから。

あ、やばい、かわいい…なんて見惚れてしまって。





すでにベタ惚れ


((これ以上好きになることなんてあるのか…?))(あ、の!)(あ…なに?)(あたしが顔赤かったって…あれ…実はあなたのことを考えてたんです)(……え?)(なので、心配してくれたこととか、話せたこととか…しかも、これから一緒に過ごせることができるなんて夢みたいに嬉しいです!)(〜っ(あった…!))

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ