novel

□invisible star
1ページ/5ページ


ねぇ、ユノ



俺はね

ユノがくれるものなら
何だって大切なんだよ



俺を気遣ってくれる優しさも、

「愛してる」って言葉も、

抱き締めてくれる腕の温かさも、



会えない時の寂しさでさえも





ほら、こんなにも愛しい










『invisible star』











次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ