novel

□the sweetest drug
1ページ/9ページ

必要な時は、必ず側に居て

冷たく突き放しても、それでもやっぱり側に居て


自分でも説明出来ないこの感情…

矛盾しているのは痛いほど解っている

でも、この「矛盾」に囚われている時が何よりも幸せ

だって
君への想いの強さを
改めて実感出来るから…



可笑しくてもいい
狂っててもいい
こんなにも君を愛してる







『the sweetest drug』







次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ