MAIN

□3センチの恋心
1ページ/1ページ




―――もうどれ位、
こうしてしゃがみ込んでいるだろうか。

ソファに眠ってしまった君から、目が離せない。

こんなザマ、我ながら傑作…と頭のどこかで思いつつ、痺れた足の感覚をそのままに

ただ、秒針の音と紫煙だけが流れて、闇に消えてゆく。

君が望まないなら、触れられない。
そんなズルい言い訳、蹴破ってしまえれば―――。

でも
そうしたら、壊れてしまいそうで。

(自分が…?それとも…)

いつの間にか短くなった煙草の火を、持て余したキモチと一緒くたにもみ消す。

俺は、何をしたいのだろう。

期待と恐怖、漠然とした言い知れぬ予感に、身体中を支配される。

何も知らずに寝息をたてる君が、あまりに眩しくて。
胸が締め付けられる感覚に、ぐっと眼を細める。

今までにない、自ら欲するということの不自然さに戸惑いを覚えつつ、仄暗い感情がずるずると首をもたげるのを止められない。

だがそのたびに、冷静な自分が「お前に何が出来る?」と嘲笑い、君に謝ることしかできない。

君まであと3センチのところで、行き場をなくした掌が、虚空を掴む。

(―――ごめんね、)



そのとき、すっ…と、時任の眼光が暗闇を切り裂いた。

「意気地なし」

「………だね」








君の瞳が僕を捕らえて

僕の両手が君を捕らえた

瞬間、ゼロの距離から
震えた腕で伝えるコトバ

まだ、声には出来なくて

抱きしめることしか
出来なくて



………ごめん、好き。





fin.

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ