MAIN

□この世でイチバンこわいもの
1ページ/1ページ


「…っげ!
久保ちゃん、それ、それ…ッ!」



「…ん?
ああ、こいつ?
時任、虫、苦手な「いいい゛〜から、早く、どうにかしろぉぉぉ!」



「…ハイハイ。

これでもう、カーテンで覆っちゃったから、勝手に出て行くよ」



「……ふーっ、マジでビビった…」



「天下の時任サマも、羽虫でビビっちゃうとはねぇ」



「なんか、怖ぇじゃん?フサフサしてる感じとか…」



「うーん」



「腹がコロンと丸い感じとか…」



「…そう?」



「とにかく、ニガテなもんはニガテなのっ!」



「でもこの間、アゲハ蝶捕まえようとしてたじゃない?」



「んー、俺も不思議なんだけど、蝶は大丈夫なんだよな…」



「生物学上は、ほぼ同類のはずなんだけどねぇ」



「…久保ちゃんは?」



「うん?」



「これだけはダメ!とか、怖いもんとかって、あんのかなーって」



「そうね…ヒミツ?」



「あっ、ヒキョーだぞ!」



「だってぇ、今のは時任が騒いで自白したようなもんでしょ?」



「ぅぐっ…!
…ちぇっ、なんか損した気分」



「じゃあ、いっこだけヒント」



「お、マジかよ!
なになに?」



「ロミオとジュリエット」



「…はぁ?
なんじゃそりゃ」



「んじゃあ、TSUTA●Aにでも行きますか」



「んぁ゙ーもうっ、ますますワケわかんね!」







ニガテなモノはニガテと

拗ねたキミ

背骨を、切り取ってしまいたい気分



闇の中、光を求めてさまよう僕も



夜光虫なのだろうか





fin.

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ