―桜草―

はらはら


舞い落ち


華は可憐


枕よりまた知る人もなき恋を  涙堰きあへずもらしつるかな  『古今集より』

表紙を開く

解説を読む

作者に感想を送る

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ