伽婢子


月は、なんと哀しそうにしているのだろうか・・・


…そうか


…そなたも同じか


…恋しい誰かを焦がれ泣いているのだな




〜源氏物語から〜


君がため をしからざりし 命さへ ながくもがなと 思ひけるかな(藤原義孝)

表紙を開く

解説を読む

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ